自己破産における財産。差押さえと没収で自己資産はゼロに

自己破産を申し立てると、裁判所は受理します。その中で個人が所有する財産は大半は差し押さえとなります。
住宅や車、別荘等がある場合は差し押さえとなり任意売却か競売にかけられます。

 

また住宅ローンを支払い中の方が自己破産を選択した場合も住宅は同様の扱いとなり、住宅ローンの支払い義務は無くなりますが、住宅は失います。
そして今まで払ってきたローンが損をする事になります。

 

住宅ローンは損をする上に住宅を失う。自己破産は一見誰にも簡単に出来て、免責決定で借金がチャラになると思っている人がいますが、実際はそんなに甘いものではありません。
当然、近所の人や勤務先にばれる事はありませんが社会的信用は失います。それが信用情報機関の残る記録。つまりブラック状態になってしまいます。

 

また財産に話を戻りますが99万円を超える現金も没収されてしまいます。
自己破産する時は全てを正直に申告しなければいけません。結局、隠し通せる程甘くはない事を、隠し財産として残していた人も最終的にはばれる事になります。
この場合裁判所の心証はかなり悪くなってしまいます。

 

当然隠し財産は、違法です。
しかし民事裁判なので刑事罰に処される事は殆どありません。

 

この隠し財産は当然任意売却・競売にかけられます。
その為、裁判官の心証は良くありませんが、隠し財産が見つかった事で任意売却・競売にかけられる事になる為裁判所も最終的には免責の決定を出すケースが多いです。財産は素直に申告しましょう。

 

[自己破産後の生活はデメリットがいっぱい。破産せずに借金をなくす方法]トップページに戻る