持ち家のある人は自己破産ではなく個人再生を

年々自己破産する人が増えています。

 

総量規制導入後もさらに増えていますから総量規制を導入しなければ、単純計算で更に自己破産者が出ていたと言う事になります。
自己破産は本当に最後の手段です。困った時は専門家に直ぐに相談しましょう。

 

さて今回は自己破産と持ち家です。
自己破産をすると大切な持ち家は残念ながら失う事になります。

 

持ち家は任意売却か競売等にかけられます。直ぐに家から出て行く必要はありません。
売却または競売等で、買い手が決まると持ち家から出て行かないと行けません。

 

また住宅ローンを支払い続けながらの場合は自己破産ではなく個人再生の道を選択する事になります。
自己破産の場合住宅ローンだけ支払う事はできません。その為、個人再生を選択する事になります。

 

この辺りは弁護士さんが慎重に判断してくれます。
持ち家を手放したくない旨をその時に、弁護士さんに相談するのが良いでしょう。

 

マイホームは人生の中で1番高い買い物です。その1番高い買い物で買ったものを当然誰しも簡単に失いたくはありません。
自分自身で悩んでも前には進みません。弁護士さんと良く話し合いましょう。

 

自己破産しか選択肢が無い場合は残念ながら、持ち家を手放すしか方法はありません。
即ち自己破産すると言う事です。基本的に自己破産は高級なものを持っている場合売却させられます。

 

住宅以外だと、車が一番多いです。自己破産をうけるのにはメリットもあればデメリットも存在する事を忘れてはいけません。

 

[自己破産後の生活はデメリットがいっぱい。破産せずに借金をなくす方法]トップページに戻る