自己破産と保証人。自分は免責されても保証人は支払い義務が残る

自己破産する場合借りた借金に保証人がいると少し厄介な事になります。

 

債務者は自己破産の手続きをした時に、保証人の方へその旨を話さないととんでもない事が起こります。
そのとんでもない事とは当然保証人がいますから、自己破産して免責を受ければその人には支払義務はなくなります。

 

しかし、ここからが大問題です。
本人の借金は確かに免責で帳消しになります。
しかし、債権が自己破産で免責を受けても生きています。

 

即ち保証人の方が支払う義務が生じてきます。
破産者と保証人の方が双方合意の上、保証人になったのであれば債務は保証人の方に移ります。

 

保証人が自己破産するまで債務は「消滅」はしない

その為、保証人の方に何も言わないで、自己破産手続きをして、免責が確定してしまうと、保証人の方が今度は支払い義務が生じてきます。

 

この場合保証人の方も自己破産しなければいけないケースも出てきます。
保証人の方が自己破産をして免責決定が確定すると漸くここでこの債権は消滅します。

 

保証人の方が初めから支払わなくて良いケースもあります。
騙されて保証人になってしまった場合は、保証人に落ち度は無く、保証人に債権は移行しません。

 

また脅されて仕方なく保証人になった場合も同じです。
自己破産に保証人とは何とも言えない組み合わせですが、実際問題保証人が絡む、自己破産の裁判は意外に多いようです。
借金をする際、保証人をつけないと借りられない時点で諦めなければいけない所ですが、浪費癖のある人はついつい借りてしまいます。

 

[自己破産後の生活はデメリットがいっぱい。破産せずに借金をなくす方法]トップページに戻る