自己破産後の借り入れ。半永久的に新規借入は不可?

自己破産をすると信用情報機関にその情報は7年〜10年は残ると言われています。
しかし、一説には5年〜7年と言う声もあれば、記録は半永久的に残ると言う声もあります。

 

何れにせよ信用情報に傷が付くのは間違いありません。
言葉は悪いかも知れませんが、借金を踏み倒した事実は変わりません。
本来なら詐欺で訴えられてもおかしくないような事を、民事裁判で守られています。
そして判決で免責決定が下されると、完全に詐欺で訴える事は出来なくなります。

 

そもそも詐欺とは最初から、お金を返す意思がない場合のみ初めて適用されます。
少しでも返済履歴があれば詐欺罪は成立しません。

 

少し重たい話をしてしまいましたが、自己破産後の借り入れですが。暫くは借り入れは厳しいでしょう。
自己破産した人でも融資してくれる中堅クラスの業者はありますが、最低2年〜3年は静観する業者が大半です。
免責決定した翌月にお金を正規業者から借りるのは先ず出来ないと思ってもらって構いません。

 

そもそも、免責した翌月にお金を借りようとしている方の考え方が良くわかりません。
免責と言うのは非常に大きな判決です。裁判所側も今後借金は作らないと判断した上で下した判決でもあるのです。

 

しかし、そうは言っても3年後に急な出費でお金が必要になる事もあるでしょう。
その時は大手は先ず貸してくれないので中堅クラスの正規業者でお金を借りる事が出来ます。
色々ヤミ金から葉書等が届くと思いますが一切無視して下さい。ちゃんとした正規業者でお金を借り入れる事が出来ます。

 

[自己破産後の生活はデメリットがいっぱい。破産せずに借金をなくす方法]トップページに戻る